長崎南蛮酢,hairmake-calcite.sakura.ne.jp,2734円,食品 , 調味料 , 酢 , その他,300m×6個セット【沖縄・別送料】l【チョーコー醤油】【05P03Dec16】,/ja/komaba/ 長崎南蛮酢 300m×6個セット 沖縄 倉 別送料 05P03Dec16 チョーコー醤油 l 長崎南蛮酢 300m×6個セット 沖縄 倉 別送料 05P03Dec16 チョーコー醤油 l 長崎南蛮酢,hairmake-calcite.sakura.ne.jp,2734円,食品 , 調味料 , 酢 , その他,300m×6個セット【沖縄・別送料】l【チョーコー醤油】【05P03Dec16】,/ja/komaba/ 2734円 長崎南蛮酢 300m×6個セット【沖縄・別送料】l【チョーコー醤油】【05P03Dec16】 食品 調味料 酢 その他 2734円 長崎南蛮酢 300m×6個セット【沖縄・別送料】l【チョーコー醤油】【05P03Dec16】 食品 調味料 酢 その他

使い勝手の良い 長崎南蛮酢 300m×6個セット 沖縄 倉 別送料 05P03Dec16 チョーコー醤油 l

長崎南蛮酢 300m×6個セット【沖縄・別送料】l【チョーコー醤油】【05P03Dec16】

2734円

長崎南蛮酢 300m×6個セット【沖縄・別送料】l【チョーコー醤油】【05P03Dec16】



酢の酸味と唐辛子の辛味がほどよくきいた調理酢。野菜や揚げたてのお魚やお肉を漬けこむだけで簡単に南蛮漬けが作れます。

◆酢の酸味と唐辛子の辛味がほどよくきいた長崎らしい甘口の調理酢です。
◆野菜や揚げたてのお魚やお肉を漬けこむだけで簡単に南蛮漬けが作れます。味付けが整っていますので、つける、かけるそれだけで食欲をそそる甘さ・酸味のあるお料理に仕上がります。
◆お酢の効果でお肉は冷めても柔らかく美味しく食べられます。漬けこんでおけば小魚は骨ごと食べられるくらい柔らかくなります。またマヨネーズやケチャップなどご家庭にある調味料と一緒に使えばいつものメニューが新しい1品に生まれ変わります。

【温度帯・保存方法・注意事項】
◆開栓後は、冷蔵庫(10℃以下)で保管の上、お早めにお召し上がりください。
○内容液が分離、沈殿する事がありますが品質上の問題はありません。

【保存方法・その他】
※直射日光を避け冷暗所に保存してください。

【召し上がり方・使い方】
【南蛮漬け】お魚やお肉など油で揚げてアツアツのうちに本商品で漬けこんでお召し上がりください。焼いた野菜(かぼちゃ・ししとう・ナス・ピーマン等)を本商品で漬けこんでお召し上がりください。
【エビマヨ】炒めた海老と野菜の味付け本商品とマヨネーズを使えば甘味とほのかに酸味のあるエビマヨが出来上がります。
【酢豚風炒め物】揚げた(炒めた)豚肉と野菜に本商品とケチャップで味付ければ酢豚風の炒め物が出来上がります。


原材料:砂糖、醸造酢、しょうゆ(大豆(遺伝子組換えでない)・小麦を含む)、みりん、かつおエキス、澱粉、食塩、こんぶエキス、香辛料

【開封前賞味期間】製造日より360日

【栄養成分】100gあたり
エネルギー150kcal たんぱく質1.0g 脂質0.0g 炭水化物36.6g ナトリウム1.4g 糖質 食物繊維 食塩相当量 3.6g


製造元:チョーコー

長崎南蛮酢 300m×6個セット【沖縄・別送料】l【チョーコー醤油】【05P03Dec16】

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。