日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , 紙製品・封筒 , 賞状用紙,MSJ-A4H,336円,ナカバヤシ,hairmake-calcite.sakura.ne.jp,A4,/intellection664333.html,賞状用紙(たて型) 日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , 紙製品・封筒 , 賞状用紙,MSJ-A4H,336円,ナカバヤシ,hairmake-calcite.sakura.ne.jp,A4,/intellection664333.html,賞状用紙(たて型) ナカバヤシ 賞状用紙 たて型 引き出物 A4 MSJ-A4H 336円 ナカバヤシ 賞状用紙(たて型) A4 MSJ-A4H 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 紙製品・封筒 賞状用紙 336円 ナカバヤシ 賞状用紙(たて型) A4 MSJ-A4H 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 紙製品・封筒 賞状用紙 ナカバヤシ 賞状用紙 たて型 引き出物 A4 MSJ-A4H

ナカバヤシ 賞状用紙 たて型 引き出物 A4 開店記念セール MSJ-A4H

ナカバヤシ 賞状用紙(たて型) A4 MSJ-A4H

336円

ナカバヤシ 賞状用紙(たて型) A4 MSJ-A4H



▼商品詳細をクリック!
  • 納期早め
    通常2~3営業日内に発送予定
  • メール便不可
    メール便でご注文頂いた場合でも自動的に宅配便送料へ変更いたします
  • 返品について

詳細画像


返品について
送料について
商品名賞状用紙(たて型) A4
商品番号MSJ-A4H
仕様/規格
  • オリジナル賞状が1枚から簡単につくれます!
  • 表彰状、感謝状、合格証、修了証書などを1枚から簡単につくることができます。
  • 職場やご家庭のプリンタからの出力はもちろん、手書きでも賞状作成が可能です。背景には金色の鳳凰枠が印刷されており、オリジナル賞状を格調高く演出します。
  • 植林木パルプ100%使用。この賞状用紙は「植林木パルプだけを原料としてつくられた紙」でできています、植林木とは、森林育成のために計画的に植林・伐採される木材のことです。植林木を使用することにより天然林の減少を防ぎ、環境保全に寄与します。


●サイズ:A4/210×297mm
●枚数:12枚
●坪量:157g/平方メートル
●紙厚:0.18mm
●パックサイズ:ヨコ225×タテ305×厚み3.2mm
●本体重量:175g
●梱包寸法:W240×D315×H225mm
●梱包重量:10.8kgモノクロコピー最適 カラーコピー最適 モノクロレーザープリンタ最適 カラーレーザープリンタ最適 インクジェットプリンタ適応 染料インク対応 顔料インク対応

JANコード:4902205508298
環境マーク
備考メーカー名 : ナカバヤシ / NAKABAYASHI
他にもあります!『賞状用紙・額縁 > 賞状用紙 』の一覧へ

賞状用紙 表彰状 【オフィス用品】【オフィス文具】【メーカー:ナカバヤシ】【文房具ならワキ文具】
【文具製品 通販|賞状用紙・額縁|賞状用紙】【日本のブランド|な行|ナカバヤシ/NAKABAYASHI 通販】
おすすめ関連商品

ナカバヤシ 賞状用紙(たて型) A4 MSJ-A4H

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。